昇給についての回答が出ました

昨日昇給についてどうなるか分からないと書いたのですが、本日会社から回答が出ました。

昇給は平均6000円程、賞与は年5カ月程とこのご時世でほどほどに恵まれているのではないでしょうか。 

mitu90723.hatenadiary.jp

昇給については平均なので実際どれぐらい上がるのかは現時点ではまだ分かりません。

しかし、不安は尽きません。

不安要素として私は今クソ単純作業をしているということと、会社の業績が悪く、会社の主力製品が将来に渡って稼げるような製品では無いということがあります。

 

定年まで会社が存続出来ていたとしても、クソ単純作業員の私がそれまで勤めていられるかの保証が全くないわけです。

今すぐどうこうということでは無いのですが、やはり転職を視野に入れていく方向で考えていこうと思います。

しかし1度は転職に失敗している私ですので、今回は慎重に転職先を検討しなければいけません。

今の所は、業界を変え生産管理か物流に関しての仕事をしたいと考えています。 

 

 

3月の給与明細を受け取りました

本日3月分の給与明細を受け取りました。

先月より1万円程多かったです。

予定よりまた少なかったのですが、作業着代で引かれているようです。

しかし、完全に予定通りになる事は無いと考えたら、16万で予算を計算してましたが、15万程で計算した方が良さそうです。

 

f:id:mitu90723:20170315185655j:image

 

社内預金、食費や保険も引かれているので結構引かれてますね。

25万しか給料が無いのに、10万も引かれています。

4月には昇給があるのですが、それによってどう変わるのか気になるところです。

 

しかし、本業の収入の重要性を痛感しています。会社は業績が結構悪いので昇給が無い可能性もあります。

会社の業績は私ではコントロール出来ません。最悪転職も考慮しないといけないかも知れません。

何にせよ今の貯金ではどうしようもありません。

夏のボーナスあたりでどのように動くか決めようと思います。

 

先立つものはお金ですね。私はつい最近までお金を軽視していましたが、30歳も近くなり大切さが身に染みています。

  

 

ETFと投資信託の違い

ETF投資信託の違いをご存じでしょうか。

私は何回か調べては何が違いだったか忘れてしまいます。

 

どうも最も違う点は上場しているかどうかのようです。

 

ETFは価格が違うようです。

ETFは上場しているのでリアルタイムで値動きがあるのに対し、投資信託は1日の終わりに価格が決まるようです。

また買い方もETF指値や成り行き注文が出来るのに対し、投資信託は販売会社を通じて基準価格を基に算出して購入しか出来ないようです。

 

 

ETFの方が投資信託より信託報酬と販売手数料が安いようです。

しかし私が積立している投資信託は販売手数料が0円のノーロードです。

 

どうも大した違いは無さそうです。

私は月々積立で投資信託を購入しているので、指値か成行きかも特に関係無いので、取りあえずETFの購入はいいかなと思います。それよりは個別株が欲しいです。

 

ちなみに投資信託は運営会社が破綻しても、投資額に関係無く制度的に守られているようです。

 

 

株式投資 第4版

株式投資 第4版

 

  

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

10年間

先日たまには走るかと思いランニングをしていたのですが、走りながらいろいろ考えまして、一番考えたのは浪人時代からもう10年も経ったのだなということでした。

多分浪人時代が私にとって一番自由が無く一番何かに打ち込んだ時だと思います。

10年経って私はあの頃の自分に報いてやることが出来ているかと問い掛けるのですが、その答えは否なのです。

言い訳にはなりますが、勉強しすぎたせいか試験前位にピークがきてしまい、もう大学に落ちたって構わないとすら思っていました。まあ勉強した成果は確実に出ていたので合格したわけですが、燃え尽き症候群と言いますか大学に合格した時点で勉強の意欲が無くなり集中力もかなり無くなりました。

資格の勉強等もちょくちょく手は出すのですが全く集中出来ませんでした。

筋トレも欠かさず行っていたのに全くやらなくなりました。

1度怠惰な習慣が付くと人は低きに流れるものですから、そのままちゃんとせず10年です。

 

しかし浪人時代の1年は辛い時代でした。涙を流した日もありました。

もう10年前なので当時何を思っていたのかほとんど覚えていませんが、辛さを乗り越えた先に何かいいことがあるのでは無いかと思っていたはずです。

その思いに報いなければいけないのです。

少なくとも今のままではいけません。もっとちゃんとしてあの頃の辛い日々があったからここまで来れたんだと言えるようになりたいです。

 

ひとまずは18歳当時と同じくらいの体力を取り戻そうとしています。

勉強に関してはほとんど出来ていませんが、ウォールストリートジャーナルはほぼ毎日目を通すようにしています。ブログもほぼ毎日更新しています。また社会人として恥ずかしく無いよう筆ペンの練習をしています。最近は何となく筆の持ち方が分かってきました。

 

失った10年の価値は計り知れないくらい大きいのですが、これからの人生の方が長いのです。過ぎた過去よりもこれから何をするかの方が重要なのです。 

アピカ 日記帳 10年日記 横書き 日付け表示あり B5 D305

アピカ 日記帳 10年日記 横書き 日付け表示あり B5 D305

 

 

 

 

禁煙生活 50日目

本日で禁煙生活も50日になります。

あと10日で2ヵ月になります。案外まだそれほど日が経っていません。

 

口内炎が出来まして2個出来まして、ここ数年出来たことが無かったので禁煙が原因なのかと思って調べてみた所、禁煙が原因で出来ることもあれば喫煙が原因で出来ることもあるということでした。

つまりどの道出来る時は出来るという事なのです。

 

飲み会で隣に喫煙者がいても平気になってきました。

 

 

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

 

 

 

 

銀行のATMに酒気帯びか否かを判定する機能を付けて下さい

土曜日は会社の送別会がありまして、私は義理事は基本的に欠かさないようにしているので参加したのですが、それはいいとして気が付いたらネットカフェで寝てました。

 

そして財布にお金が無く、電車にも乗れない為仕方なくATMでお金を下ろしたところ、表示された残高を見たら1万減ってました。

携帯で入出金明細を確認したところ、どうも11日つまり昨日下ろしたようなのですが、全く記憶にないのです。

もう本当に全く記憶にないのです。

ここ最近倹約に取り組んでいたはずなのに、何に使ったのか記憶が無いまま1万円が消えました。

金額にしてみればそこまで大金では無いのですが、1万あればスーパーとかでもっと有効に使えたことを考えると胸が痛みます。

これが3万とか5万とかだったらもう胸の痛みは尋常で無かった事を思えば、この程度で済んで幸運だったのかも知れません。

 

タイトルにもあるように酒気帯びか否かを判定する機能を付けて下さい。

そして酒気帯びと判定した客にはびた一文お金を下ろさせず、大人しく家に帰るよう促して下さい。銀行側は一切責任は取らなくていいので、頭取も取締役も一切責任を取る必要はありませんので、私個人が全責任を負いますのでそういった機能を付けて下さい。

 

そもそも対面だと過剰なくらい本人確認をするのに、顔も見えないATMでは確認がガバガバなのはどういう事なのでしょうか。

今回銀行は一切悪くは無いのですが、正常な判断能力が無い泥酔した客がお金を下ろし放題なのはもう勘弁して下さい。泥酔したのは私ですが、これはもう勘弁して下さい。

以上です。

 

 

 

利上げについて

最近利上げという言葉をよく目にします。

利息を上げるということであることは辛うじて分かるのですが、それがどのような効果を生むのかと言われるとさっぱり分からないのです。

私の癖でああ利上げね、うんうんと頷いていたのですが、実は全く分かっていないのです。

そこで調べてみました。

やはりこういうことは調べてみないと永遠に分からないままです。

 

やはり宮田レイシープ氏やたぱぞう氏のブログは非常に分かり易く書かれています。

www.goodbyebluethursday.com

 

www.americakabu.com

 

どうやらアメリカが利上げするとアメリカの金利が上がる為、ドルに投資されドル高になる可能性があるようです。

大まかではありますが利上げがどういうものか掴めてきました。

トランプ氏はドルが高すぎるみたいなことを言ってましたが、利上げすると高くなるみたいですが、 いいのでしょうか。

その辺りはまだよく分かりませんので引き続き調べていきたいと思います。