敢えて言ってるということ

私が現在働いている会社で上司、先輩がよく口にしている言葉に敢えて言っているという言葉があります。逆に敢えて言わないというものもあります。また似たニュアンスで使われる言葉に君を試しているという言葉もあります。

分かっているが敢えて君を試す為に聞いているとか、答えを敢えて言わず考えさせるといったものなんですけど、時間がもったいないのでさっさと答えを言った方がいいと思います。

自分の求めた回答に辿り着けなかった場合や辿り着くのに時間が掛かるとイライラし始めるのです。

恐らく部下や後輩の成長を促す為に行っているのでしょうが、時間がもったいないです。

会社に入りたてでどんなパターンにどんな対応をすべきなのか良く分かっていない状態で試されても模範的な回答が出来ませんので、時間が掛かり余計に仕事が遅くなっていきます。

私が思うに出来る上司の条件として部下を迷わせないということがあります。

部下が判断に迷わないためには明確な指示を与えるか、裁量を与えるにしてもお前はその裁量を明確にしておかなければならないと思います。

自分の頭で考えるのがスタッフの仕事だというのは上司が口にするのは責任逃れな気がします。

 

また同じこと言ったよねという言葉もよく聞きますが、同じことを何度でも言ってあげればいいと思います。

言わずにミスして怒るくらいなら何回でも同じこと言ってあげればいいです。

メモをとって無いから聞いているのではなく不安なので確認のために聞いている場合もあります。

 

私は愚痴を言うのは好きでは無いし、決して上司や先輩を悪く言うわけではありませんが、自分が人に教える立場になった時は口にしたくない言葉ですので心に留めておきたいと思います。