読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙生活 22日目

禁煙生活も20日を超えました。

なぜここ数日禁煙について書いて無かったのかと言うと、最近特に我慢しなくても禁煙出来ていたからです。

だったらもうブログに書く必要無いんじゃないかと思うかも知れませんが、禁煙者が1本吸うのと、非喫煙者が1本吸うのでは意味合いが全く違うのです。

非喫煙者が初めてタバコを1本吸ったとしてそれで喫煙者にはならないのです。

対して禁煙者が1本タバコを吸ってしまえばそれだけでまた喫煙者に戻ってしまうのです。

禁煙というのは非常にシビアな競技ですので、何点得点を稼いでも1失点してしまえば

負けなのです。

野球やサッカーのようなポジティブな競技ではありません。

禁煙は北斗の拳ラオウが山のフドウと戦った時、後ろの線を一歩でも跨いだら殺せと言ったあの感じに近い競技なのです。

 

1本でも吸ったらアウトなので自分を定期的に戒めておかなければいけないのです。

ただ今後は頻度的には少し間が開くことになるかも知れません。

 

話は全く変わりますが、禁煙においてガムやフリスクは必需品のようなイメージを持たれているかも知れませんが、私の実感としては全く必要ありません。

珈琲とチョコレートは欲しいですが、ガムやフリスクは禁煙に何の役にもたたないです。

多分それで口寂しさがまぎれると言っている人は喫煙してた時もガムやフリスクを食べていた人だと思います。

つまり禁煙は関係なく、口寂しくなるしガムやフリスクを食べたくなっているだけで、それでタバコを我慢出来るわけではありません。

タバコを止める為に必要なのはあくまで習慣を変えることです。

以上は私の個人的な見解ですので、個々人にあった禁煙方法があると思いますので無理なく止めれる方法を探してみればいいと思います。

もっとも私は禁煙を推奨するつもりは全くありませんが