にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

富める者は益々富んでいく、貧しい者はどうすればいいのか

富める者は益々富んでいきます。

そして貧しい者は益々貧しくなっていきます。

 

これはもう動かしようのない道理です。

1億の資産がある人は年間3%の利回りで300万、10億あれば3000万の配当が寝てても入ってきます。10億あれば、一般的な家庭の年間に掛かる生活費の数倍の配当が入って来るので、その資産は増えていく一方です。

 

その資産を子孫に贈与すれば、税金で幾らか持ってかれます。

しかし、結構な額の資産を子孫は引き継ぐことになり、一族は繁栄していきます。

一族が揉めないように、資産を食いつぶさないように教育していく必要はあるとは思いますが、それでも貧困に喘ぐ人々よりも恵まれていることは間違いありません。

 

では(私のような)貧しい者はどうすれば豊かになれるのでしょうか。

1つにはギャンブルです。早急に手持ちの資産を増やそうとすれば、大きなリスクを負う必要があります。

もう1つは時間が掛かるが、倹約に励んで築いた種銭で投資するという方法があります。本多静六先生の言を借りると‟貧乏に強いられてやむを得ず生活をつめるのではなく、自発的、積極的に勤倹貯蓄をつとめて、逆に貧乏を圧倒するのでなければならぬ”ということです。

 

金持ちになる人達程辛抱強いはずです。

目先の不確実な10万より、1年先の確実な1万を選ぶはずです。(実際に金持ちと話したことが無いので分かりませんが、恐らくそうでしょう)

 私はというとギャンブルで20万勝ったとかいう人達を横目に、毎月貯蓄に励んでいます。自ら進んで、貧乏に打ち勝つのです。

 

自ら貧乏になるのであれば、覚悟も出来ます。

最初は辛くても人はその環境に順応出来るように出来ています。

郭海皇もそんなような事を言ってました。

例え月々の貯蓄が上手く行かなくても、マイナスにさえならなければ、ボーナスを貯蓄に回すことで年間100万は資産を増やせます。

 半年も倹約していればそんなに辛さも無くなり、貯蓄が増えていくので心に余裕も出来てきます。はてなブログProに移行したりする、経験への投資等も出来てきます。

 

 ただそれも出来ない人はどうすればいいのでしょうか。

私はブログ開設当初はカードの分割払いの残高に苦しめられていました。

幸いそれ程多額ではなかったので、貯蓄はしつつも早めに払い終わることが出来ました。

しかし、それよりも高額な借金をしていた場合は最早、悠長に時間を掛けていることも出来ません。そういう人達はやはりリスクの高いギャンブルをせざるを得ません。

 

なので借金は債務整理するか、親に頭を下げるのがいいです。

親に迷惑を掛けれないとか、恥かしいとか言ってると、最悪親どころか友人や恋人などに迷惑を掛けさらに恥ずかしい思いをするかも知れません。